関連サイト

2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

2008年9月

2008年9月27日 (土)

許せる人が強い

 バガット・シンとその仲間たちの死刑を減刑してくれるように、私は手を尽くしましたが、うまくいきませんでした。そのため若者たちが、私に怒りをぶちまけたのです。私は、そういうことを十分覚悟していました。彼らは、私に激怒していましたが、私に言わせれば、非常にもったいぶったやり方で、その怒りを表明しました。私に肉体的な危害を加えることもできたはずです。しかし、彼らはそれを差し控えました。他にも、私を侮辱するやり方はいろいろあったはずです。しかし、彼らは憤りを押さえて、黒い布で作った花を私に手渡すという無礼にとどめたのです。黒い花は3人の愛国者の遺灰を象徴しているのでしょう。これについても、彼らは私に、黒い花の雨を降らせたり、投げつけることもできました。しかし、そうする代わりに、私が彼らの手から花束を受け取るという選択肢を与えてくれましたので、私はありがたくちょうだいしました。
 もちろん彼らは、「ガンジー主義くたばれ!」、「ガンジー帰れ!」と叫んでいました。彼らがこのように怒るのも、もっともなことだと私は思います。そのような怒りの表明には慣れていましたし、もっとひどい、もっとゆゆしい危険な目にも遭ってきましたので、私は心を乱されることなく、深い悲しみとその結果生じた怒りを、彼らは穏やかに表現したのだとして、この侮辱を受け取りました。
 彼らは昨日の会議派の議会開会中は自制してくれていました。その自制を今後も続けてくれるようにと、私は期待するのみです。彼らは知っているのです。私と彼らは同じものを目指しているということを。ただ、手段が、私と彼らとでは全く異なっているだけなのです。時がたてば、彼らも自分たちのやり方の誤りに気づいてくれるものと、私は少しも疑問を抱かないで確信しています。他の国ではどうであろうとも、飢餓状態にある人が何百万人もいて、あふれているこの国では、暴力礼賛は何の意味も持ちません。自己抑制が働き、おどおどしていて、もはや臆病でもあるこの国では、多大な勇気や自己犠牲を期待することはできません。バガット・シンの勇気と犠牲の前には頭を垂れます。しかし、こんなことを言って若い友人たちが気を悪くなさらなければよいのですが、バガット・シンに勝る勇気を、遠慮がちで、優しく、非暴力を旨とする人々が示してくださることを、私は求めています。すなわち、誰一人傷つけることはせず、そのような考えを思いめぐらせることもなく、絞首台に上る勇気をです。

質問:バガット・シンと彼の仲間たちの処刑によって、協定についてのあなたの立場は、、何らかの影響を受けたでしょうか。
ガンジー:今までになく大きな挑発を受けていますが、私の個人的立場は、全く変化していません。
 反英闘争停止協定に、これらの処刑を思いとどまることが、含まれてはいないということは、申し上げておかねばなりません。私に関しては、協定の条件にないことについて、いかなる挑発を受けても、この協定に合意した際に、事細かに取り決めた方針から私はそれるつもりはありません。

質問:何千人もの人を殺した政府を許すことは思慮のないことだと思われませんか。
ガンジー:思慮がないと言われるほど、許すことが期待はずれであるような事例は一つも思い浮かびません

質問:しかし、インドが英国を許しているほど、他国を許してきたような国は、これまで1つもありませんでした。
ガンジー:だからといって、私の返答が変わるわけではありません。個人間に当てはまることは、国家観にも当てはまります。人が許しすぎるということはないのです。弱い人は許すことができません。強い人の特性として、許しがあるのです。

記者とのインタビュー カラチにて、1931年3月26日
ヤング・インディア 1931年4月2日

  I failed in my efforts to bring about the commutation of the death sentences on Bhagat Singh and his friends, and that is why the young men vented their wrath against me.  I was quite prepared for it.  Although they were incensed against me, they gave vent to their wrath in what I would call a most dignified manner. It was open to them to do physical injury but they refrained from doing so. It was open to them to insult me in many other ways, but they confined their resentment and insult to handing me black cloth flowers representing, I imagine, the ashes of the three patriots. These also they could have showered on me or thrown at me instead of which they gave me the option of receiving the flowers from their hands which I did gratefully.
  Of course, they shouted, “Down with Gandhism”, “Go back Gandhi”. This I consider to be a legitimate expression of their anger. Having been used to such an exhibition and that in a much worse and in more serious form, I was unruffled and took these insults as only a mild expression of their deep grief and consequent anger.
  I am only hoping that they will exercise the restraint that they did yesterday throughout the Congress session for they know I am trying to reach the same goal with them. Only I am following a method wholly different from theirs. I have not a shadow of a doubt that as time goes they will discover the error of their ways. Whatever may be true of other countries, in this country which is teeming with famished millions the cult of violence can have no meaning. In this country of self-suppression and timidity almost bordering on cowardice we cannot have too much bravery, too much self-sacrifice. One’s head bends before Bhagat Singh’s bravery and sacrifice. But I want the greater bravery, if I might say so without offending my young friends, of the meek, the gentle and the non-violent, the bravery that will mount the gallows without injuring, or harbouring any thought of injury to a single soul.

Question:Does the execution of Bhagat Singh and his friends alter your position in any way with regard to the settlement?
Gandhi:My own personal position remains absolutely the same, though the provocation has been of the most intense character. I must confess that the staying of these executions was no part of the truce, and so far as I am concerned, no provocation offered outside the terms will deflect me from the path I had mapped out when I agreed to the settlement.

Question:Do you not think it impolitic to forgive a government which has been guilty of a thousand murders?
Gandhi:I do not know a single instance where forgiveness has been found so wanting as to be impolitic.
Question:But no country has ever shown such forgiveness as India is showing to Britain?
Gandhi:That does not affect my reply. What is true of individuals is true of nations. One cannot forgive too much. The weak can never forgive. Forgiveness is the attribute of the strong.

INTERVIEW TO THE PRESS   KARACHI, March 26, 1931
Young India, 2-4-1931

2008年9月21日 (日)

怒りを飲み込んで

 勇者バガット・シンと2人の仲間は、絞首刑に処せられました。彼らの命を救うために、多くのことが試みられました。救命できそうだという希望が感じられたこともありました。しかし、全てはむなしい結果に終わりました。
 バガット・シンは、生き延びたいと思っていませんでした。彼は謝罪することを拒みました。控訴しませんでした。・・・・・バガット・シンは非暴力の信奉者ではありませんでした。しかし、暴力の教えに賛同していたわけではありませんでした。やむにやまれない気持ちから、人を殺める覚悟をしてしまったのです。彼の最後の手紙にこうあります。「私は戦いの中で逮捕されました。私には、絞首台はふさわしくありません。私を大砲の筒先に置いて、吹き飛ばしてください」この英雄は、死の恐怖を克服していました。彼らの英雄的行為に敬意を表して何度も平伏しようではありませんか。
 しかし、彼らの行為を真似てはなりません。彼らの行動によってこの国が利益を得たと信じることは、私にはできません。私の目には、なされてしまった害悪しか見えてきません。この種の行為を追及することがなく、純粋に非暴力の闘争を遂行していたならば、我々はもうずっと前にスワラージ(自治・独立)を勝ち得ていたでしょうに。私のこのような推量に対しては、2種類の意見があるでしょう。しかし、次の事実を否定できる人はいないはずです。殺人によって正義を求める慣習が我々の間で確立されるなら、我々は自分たちが正義と信じることのために互いに殺しあうようになるということをです。困窮し、身体に障害を負った人で溢れかえる国というのは、身の毛もよだつような光景です。これらのかわいそうな人々が、我々の残虐行為の犠牲者となるのです。皆が、この結果について思いをめぐらせることが、望ましいことです。さらに、我々は民衆のための、民衆のものであるスワラージ(自治・独立)を求めています。暴力の戒律を掲げることで、自らの行為の結果を刈り取ることになります。
 ですから、この勇敢な男達の勇気は讃えても、彼らの行為は決して支持してはなりません。
 これらの男達を絞首刑にすることで、政府はその野蛮な本性を暴露しました。世論を無視することで、権力がもたらした傲慢さを、まざまざと見せ付けたのです。この絞首刑から、実質的な権限は何も、政府は人民に手渡したくないのだという事がわかります。確かに、政府にはこの男たちを絞首刑にする権限がありました。しかし、権限の中には、名目上そういう権限があるだけだとわきまえていてこそ、権限を有するものの名誉となるような権限もあるのです。どんな状況においても、あらゆる権力を行使するなら、最後には崩壊してしまうでしょう。今回の場合では、政府がもし、自らの権利を行使しなかったなら、政府は名を上げていたでしょう。そして、それによって大いに平穏を維持することができたでしょう。
 しかしながら、そのような思慮分別を政府が今日に至るまで身につけてこなかったのは、明白です。大衆が憤慨するのも、もっともなことですが、大衆が怒りを表明すれば、勝利が目前であった試合に負けることになります。大衆が怒りをぶちまけるのを期待しているような高官さえいます。そうする、しないに関わらず、我々はまっすぐな道を行くのみです。合意に向けて協議していたとき(訳注)に、バガット・シンの絞首刑が我々に重くのしかかってきました。バガット・シンとその仲間達に特赦を与え、少なくとも絞首刑の宣告を思いとどまるくらい政府に配慮がないものかと期待していました。この願いが聞き届けられなかったというだけで、締結したばかりの協定を破ってはなりません。むしろ、我々に加えられたこの一撃を耐え忍び、この協定を堅く守るべきです。このような試練の時にあってもそのようにすることで、我々が望みのものを獲得する力は、弱まるのではなくむしろ強くなります。他方、もし我々が協定を破り、休戦に違反するなら、我々は気力を失い、力をなくし、目的に到達するうえでの困難な障害をさらに増やすことになります。ですから、我々に課せられた戒律は、怒りを飲み込み、協定を遵守し、義務を遂行していくこととなるのです。
[グジャラート語より]ナウジーワン、1931年3月29日
訳注:ガンジー・アーウィン協定
  (塩作りが認められ、逮捕者釈放される。これにより反英闘争を一時中止)

  Brave Bhagat Singh and his two associates have been hanged.  Many attempts were made to save their lives and even some hopes were entertained, but all was in vain.
  Bhagat Singh did not wish to live. He refused to apologize; declined to file an appeal. ...Bhagat Singh was not a devotee of non-violence, but he did not subscribe to the religion of violence; he was prepared to commit murder out of a sense of helplessness. His last letter was as follows: “I have been arrested while waging a war. For me there can be no gallows. Put me into the mouth of a cannon and blow me off.” These heroes had conquered the fear of death. Let us bow to them a thousand times for their heroism.
  But we should not imitate their act. I am not prepared to believe that the country has benefited by their action. I can see only the harm that has been done. We could have won swaraj long ago if that line of action had not been pursued and we could have waged a purely non-violent struggle. There may well be two opinions on this conjecture of mine. However, no one can deny the fact that if the practice of seeking justice through murders is established amongst us, we shall start murdering one another for what we believe to be justice. In a land of crores of destitutes and crippled persons, this will be a terrifying situation. These poor people are bound to become victims of our atrocities. It is desirable that everyone should consider the consequences of this. Further, we want a swaraj which is theirs and for them. By making a dharma of violence, we shall be reaping the fruit of our own actions.
  Hence, though we praise the courage of these brave men, we should never countenance their activities.
  By hanging these men, the Government has demonstrated its own brute nature, it has provided fresh proof of its arrogance resulting from its power by ignoring public opinion. From this hanging it may be concluded that it is not the intention of the Government to part with any real power to the people. The Government certainly had the right to hang these men. However, there are some rights which do credit to those who possess them only if they are enjoyed in name only. If a person exercises all his rights on all occasions, in the end they are destroyed. On this occasion, the Government would have brought credit to itself if it had not exercised its rights and this would have been highly useful in maintaining peace.
  However, it is obvious that the Government has not to date developed such discretion. It has given a clear reason for the public to get enraged. If the latter shows anger, it will lose the game which it is about to win. Some officials may even hope that the public will give vent to its anger. Whether they do so or not, ours is a straightforward path. While negotiating the settlement, Bhagat Singh’s hanging was weighing upon us. We had hoped that the Government would be cautious enough to pardon Bhagat Singh and his associates to the extent of remitting the sentence of hanging. We should not break the pledge we have taken just because our hopes have not been fulfilled, but should bear this blow which has fallen upon us and honour our pledge. By doing so under even such trying circumstances, our strength to get what we desire will increase rather than decrease, while, if we break our pledge or violate the truce, we shall suffer loss of vigour, loss of strength and it will add to our present difficulties in reaching our objective. Hence our dharma is to swallow our anger, abide by the settlement and carry out our duty.
[From Gujarati] Navajivan, 29-3-1931

2008年9月20日 (土)

真の英雄

 私が提起しました見解を、その真価で調べてみましょう。世界は武力による反乱にうんざりしていると私は思っています。さらに、他の国の場合がどうであっても、インドでは流血の革命は成功しないと私は思っています。大衆がそのような革命に反応することはありえないでしょう。大衆に積極的役割が与えられていない闘争は、大衆に何も良いものをもたらしません。流血の革命が成功すれば、大衆はさらに悲惨になるだけです。なぜなら、彼らにとっては、革命後もよそ者に支配されることに変わりないからです。私が教える非暴力は、最も強い者たちが積極的に活動する非暴力です。しかし、弱者であっても、その立場が弱まることなく、この活動に参加できます。その活動に参加した分だけ、彼らは強くなるばかりです。今では大衆は以前よりもはるかに大胆になりました。非暴力の闘争は、必然的に大規模な建設活動を伴います。ですから、 翳質(タマス)、暗質、遅鈍に至ることはあり得ません。国民の生活を活気づかせることになります。その運動は、いまでも静かに続いています。ほとんど気づかれることはないでしょう。しかし、それでも確かに続いているのです。
 私は革命家の英雄的行為や犠牲を否定しません。しかし、邪悪な大義のために行われる英雄的行為や犠牲は、その賞賛すべきエネルギーの多大なる浪費でしかありません。邪悪な大義のために誤って行われる英雄的行為や犠牲の麗しさに惑わされて、本物の大義から注意がそれてしまい、大義を損なうことになります。
 革命家の英雄的で自己犠牲的行為を前にしても、私は恥じ入ることなく胸を張って立てます。なぜなら、罪なき人の血で汚されていない同程度の非暴力の英雄的行為と犠牲で対抗できるからです。罪なき人が一人、自らを奉げることは、他者を殺害して死んだ百万人の犠牲よりも、百万倍効果的なのです。罪なき人がすすんで自らを奉げることは、傲慢な暴政に対抗する神や人が考えうる最強の応戦です。
 私は、スワラージ(独立・自治)を妨げている3つの大きな要因に革命家たちの注意を向けたいと願っています。糸車が普及していかないこと、ヒンズー教徒とイスラム教徒との不和、抑圧された階級に対する非人道的弾圧です。辛抱強く建設していくこの仕事を彼らも分担してくれるようにと、わたしは忍耐をもってお願いしています。人目を引く華やかさはないかもしれません。しかし、まさにここにこそ、英雄的な忍耐強さ、もくもくと継続して努力していくこと、自分を低くすることが求められており、最も偉大な革命家だけがこれを行うことができます。あせりは、革命家の視野を曇らせ、道を迷わせてしまいます。飢えた大衆の中で、自らにも飢えを課すことは、即効性もなければ、人目を引くこともありません。しかし、間違った高揚感のもと絞首台で死を遂げることよりも、こちらの方がいつでも英雄にふさわしいことなのです
.....
ヤング・インディア 1925年2月12日

  Let the philosophy I represent be tested on its own merits. I hold that the world is sick of armed rebellions. I hold too that whatever may be true of other countries, a bloody revolution will not succeed in India. The masses will not respond. A movement in which masses have no active part can do no good to them. A successful bloody revolution can only mean further misery for the masses. For it would be still foreign rule for them. The non-violence I teach is active non-violence of the strongest. But the weekest can partake in it without becoming weaker. They can only be the stronger for having been in it. The masses are far bolder today than they ever were. A non violent struggle necessarily involves construction on a mass scale. It cannot therefore lead to tamas or darkness or inertia. It means a quickening of the national life. That movement is still going on silently, almost imperceptibly but none the less surely.
  I do not deny the revolutionary’s heroism and sacrifice. But heroism and sacrifice in a bad cause are so much waste of splendid energy and hurt the good cause by drawing away attention from it by the glamour of the misused heroism and sacrifice in a bad cause.
  I am not ashamed to stand erect before the heroic and self-sacrificing revolutionary because I am able to pit an equal measure of non-violent men’s heroism and sacrifice untarnished by the blood of the innocent. Self-sacrifice of one innocent man is a million times more potent than the sacrifice of million men who die in the act of killing others. The willing sacrifice of the innocent is the most powerful retort to insolent tyranny that has yet been conceived by God or man.
  I invite the attention of the revolutionaries to the three great hindrances to swaraj--the incomplete spread of the spinning-wheel, the discord between Hindus and Mussalmans and the inhuman ban upon the suppressed classes. I ask them patiently to take their due share in this work of patient construction. It may not be spectacular enough. But on that very account it requires all the heroic patience, silent and sustained effort and self-effacement of which the tallest among the revolutionaries is capable. Impatience will blur the revolutionary's vision and lead him astray. Slow and inglorious self-imposed starvation among the starving masses is every time more heroic than the death of the scaffold under false exaltation.
.....
Young India, 12-2-1925

2008年9月18日 (木)

貧者のスワラージ(自治・独立)

労働組合に宛てたスピーチ、アーメダバード  1931年3月11日
 あなた方のことを思うこの気持ちが、あなた方のところに届きますように。我々の間の愛情がより強固となり、あなた方と私の間にどんな相違もないことに、気づいていただけますようにと、私は神に祈っております。私は大金持ちとも付き合いがあります。彼らの親切なもてなしを受けています。しかし、私の心はいつもあなた方とともにあります。私をあなた方から隔てることがありませんように、そして貧しい人々への奉仕のために、私がこの命を捧げることができますようにと、私は神に熱い祈りをささげています。
 私が思い描くスワラージ(自治・独立)は、貧者のスワラージであると、あなた方は本当に的を射た声明をされました。生活必需品は、君主や大金持ちが享受するのと同じように、あなた方も享受できねばなりません。しかし、だからといって、彼らのような大邸宅を持たねばならないということではありません。そのようなものは、幸せになるために必要ではないのです。あなたも私も、そのようなものの中では、自分を見失ってしまうでしょう。通常の生活に必要な便益については、金持ちが享受しているのと同じようにあなた方もすべて得る必要があります。スワラージのもとで、これらの必要な便益が保証されないのであれば、スワラージもプールナ・スワラージ(完全自治・完全独立:1927年12月にマドラスで開かれた会議派年次大会で初めて採択された対英国要求)ではないということに、私は少しも疑問をいだきません。我々がいつプールナ・スワラージを獲得できるかはわかりません。しかし、我々はそのために全力を注いでいかねばなりません. . . .
 あなた方の働きによって、世界中にあなた方のことが知られるようになりました。西洋の学生らは、あなた方の組織の美しさに目を見張っています。そして、研究しようとしています。あなた方の労働組合は、独特であると彼らは感じています。労働組合のメンバーは、自分たちの権利を守るために油断なく警戒しています。そして、そのためには自分たちの命を捧げる覚悟もしています。しかし、組合員を導く組合の指導者は、資本家に対してどんな敵意も抱いていないのです。資本家の幸福と力の中に、あなた方は自らの幸福と力を見ています。そこに、あなた方の強さの秘密があります。外部の人々には、その立場が理解できません。彼らは、資本家と労働者を、搾取者と被搾取者であると考えてきたのです。西洋の人々の中には、資本家はみな生まれながらの人食い鬼であると見なす人もいます。しかし両者の間に本来もともと敵意がある必要もないのです。それは誤った概念です。資本家が、自分たちの富を誇りにしがちであるならば、労働者は、多数である強さを誇りにする傾向があります。我々は資本家と同じ熱情に揺り動かされ、酔いしれてしまいがちです。ですから、両者ともにそのような熱情から自由でありますようにというのが、我々の祈りにならねばなりません。どのような階級闘争によっても、アーメダバードの工場主と労働者の関係が損なわれることはないと、私は感じています。両者の間に今日存在する親密な関係が持続していくことを希望し、祈っています。
 しかし、あなた方を導く人が、ひそかに利己的な目的をいだいていないことが、成功の秘訣です。叶えたいと思うような賤しい利権を持っていないのです。それが、この組織の美点です。さらに、それによってこの労働組合は市民的不服従の闘争において積極的役割を果たすことができたのです。・・・
ヤング・インディア 1931年3月26日

SPEECH TO LABOUR UNION, AHMEDABAD   March 11, 1931
  As I think of you may heart goes out for you and I pray to God that the bond of affection between us may be stronger and that you may realize that there is no difference of any kind between you and me. I go about among mill-owners, I accept their hospitality, but my heart is always with you. It is my fervent prayer to God that He may never separate me from you, and that I may lay down my life in the service of the poor.
  You have in your statement rightly said that the swaraj of my dream is the poor man’s swaraj. The necessaries of life should be enjoyed by you in common with those enjoyed by the princes and moneyed men. But that does not mean that you should have palaces like theirs. They are not necessary for happiness, you or I would be lost in them. But, you ought to get all the ordinary amenities of life that a rich man enjoys. I have not the slightest doubt that swaraj is not purna swaraj until these amenities are guaranteed to you under it. I do not know when we will win it but we have all to strive for it. . . .
  Your work is making you known throughout the world.  Students from the West marvel at the beauty of your organization and try to make a study of it. Your Union strikes them as unique. The members of your Union are jealous of their rights, and are prepared to lay down their lives for them, but their leaders, who guide them, have no ill will against the capitalists. In their welfare and their power you see your own welfare and power. That is the secret of your strength. Outside people cannot understand your position. They have thought of capitalists and working men as exploiters and exploited.  All capitalists, according to some, are born ogres. But there need be no such inherent antipathy between the two. It is an erroneous notion.  If the capitalists are apt to be proud of their wealth, the working men are apt to be proud of their numerical strength. We are liable to be swayed and intoxicated by the same passion as the capitalists, and it must be our prayer that both may be free from that passion. I feel that no class war poisons the relations between the mill-owners and the working men in Ahmedabad. I hope and pray, that the present cordial relations may be maintained between them.
  But the secret of your success is that the men and women, who guide you, have no axes to grind. They have no base interest to serve.
  It is the beauty of this organization, moreover, that made it possible for the Union to take an active part in the civil disobedience movement.....
Young India, 26-3-1931

2008年9月12日 (金)

自ら苦難を引き受けること

インド国民会議派に宛てたメッセージ
 現在のところ、目の前にある仕事、つまり、トランスヴァール(南アフリカ)で展開されている闘争以外には、何も考えられる状況にはありません。インド国内各地にいらっしゃるインド人の方々には、この闘争の目的は国家的なことであり、インドの名誉を救うために闘争が行われているのだと、認識して下さることを希望します。私は間違っているかもしれません。しかし、公に主張することを躊躇するつもりはありません。これは、現代で最も偉大な闘争です。なぜなら、その目標も手段もこれ以上ないくらい純粋だからです。トランスヴァールに居住するインド人は、教養あるインド人がヨーロッパの人々と同じようにトランスヴァールに入国する権利を求めて闘っています。この闘争において、闘争者は、どんな個人的利益も求めていません。また、上に掲げた権利(植民地法によって今回初めて奪われたものです)を回復することで、何らかの物質的利得が生じる者もいません。トランスヴァールに居住するインドの息子たちは、純粋で単純な理想のために闘うことができることを示してくれています。救済を得るために採用した方法も、同様に純粋で単純なものです。どのような形、状態の暴力も完全に回避されています。自ら苦難を引き受けることだけが、持続する改革をなす唯一の本物かつ効果的な手段であると、彼らは信じています。憎しみに立ち向かい、克服するのに、彼らは愛をもってしようとしています。むき出しの肉体的な力に、魂の力で対抗しています。地上の統治者や制定法への忠誠は、神や神の掟への忠誠に比べれば2次的であると、彼らは考えています。良心を通して神の掟を解釈する際に、間違ってしまう可能性があることを彼らは認めています。そこで、神が定めた永遠の掟と矛盾すると彼らが考える、人が作った法律に抵抗したり、無視する場合は、法律によって定められた罰を甘受します。そして、自分たちの立場をよくしてくれるものとしては、時の働きと、人間性の最善の部分に信頼を置くのです。たとえ、彼らが間違っていたとしても、苦しみを受けるのは彼らだけですし、既存の秩序というものは持続します。この過程において、2500人を超えるインド人が、つまり、トランスヴァールにいるインド人居住者の半数以上が、あるいは、トランスヴァールに居住する見込みのあるインド人のうちの5分の1が、投獄されるという憂き目にあい、それに伴って、ひどい苦難を体験しました。何度も繰り返し刑務所に入れられた人もいました。多くの家族が困窮しました。人間であることを諦めるくらいなら、欠乏に耐えることを選択した商人が何人もいました。ついでながら、南アフリカではヒンズー教徒対イスラム教徒の問題も解決しました。南アフリカで我々は、互いに、もう一方がいなければやっていけないということに気づいたのです。イスラム教徒も、パールシー教徒(ゾロアスター教徒の子孫)も、ヒンズー教徒も、あるいは、出身州で分けたベンガル、マドラス、パンジャーブ、アフガニスタン、ボンベイの各出身者も、肩を並べて協力し合ってきました。
 このような闘争は、他のことを置いてとまでは言いませんが、国民会議派が最大の関心を寄せる価値がある闘争だと、私は申し上げたいのです。もしこのように言うことが無礼でないならば、この件と、会議派のプログラムにある他の項目とを区別したいと思います。他の項目が取り扱っている法律や政策への反対では、物質的な苦難は伴いません。会議派の活動は、それ相応の行動を伴わない精神的な態度でしかありません。トランスヴァールの件では、宣言された法律および政策が間違っているので、我々はそれを無視しています。そして、その結果、意識的、意図的に物質的、肉体的被害を受けています。我々は精神的な態度と一致する行動を起こしています。ここで述べた見方が正しければ、次のことも許されるでしょう。つまり、トランスヴァールの問題を会議派のプログラムで最重要課題に位置づけて欲しいと求めているからといって、無茶を言っているわけではないということです。次のことも述べさせていただきたいのですが、上で述べてきたような受動的抵抗について熟考し、注意を集中させてみてください。そうすれば、インドにおいて辛酸をなめている数多くの苦悩に対して、受動的抵抗が間違いのない万能薬であることを、見出す可能性だってあります。慎重に研究してみる価値があります。そうすれば、これこそがインド国民およびインドの精神にふさわしい唯一の武器であることがわかるでしょう。私はそう確信しています。世界最古の宗教を育んできたインドが、近代文明から学ぶべきことはほとんど何もありません。近代文明は漆黒の暴力を基盤にしており、多くの場合、人間の中にある神的なものを否定し、自らの破滅に向かってまっしぐらに突き進んでいます。
インディアン・オピニオン 1909年11月27日

Message to Indian National Congress
  At the present moment, I am unable to think of anything but the task immediately before me, namely, the struggle that is going on in the Transvaal. I hope our countrymen throughout India realise that it is national in its aim in that it has been undertaken to save India’s honour. I may be wrong, but I have not hesitated publicly to remark that it is the greatest struggle of modern times, because it is the purest as well in its goal as in its methods. Our countrymen in the Transvaal are fighting for the right of cultured Indians to enter the Transvaal in common with Europeans. In this the fighters have no personal interest to serve, nor is there any material gain to accrue to anybody after the above mentioned right (which has, for the first time in Colonial Legislation, been taken away) is restored. The sons of Hindustan, who are in the Transvaal, are showing that they are capable of fighting for an ideal pure and simple. The methods adopted in order to secure relief are also equally pure and equally simple. Violence in any shape or form is entirely eschewed. They believe that self-suffering is the only true and effective means to procure lasting reforms. They endeavour to meet and conquer hatred by love.  They oppose the brute or physical force by soul-force. They hold that loyalty to an earthly Sovereign or an earthly constitution is subordinate to loyalty to God and His constitution. In interpreting God’s constitution through their conscience, they admit that they may possibly be wrong. Hence, in resisting or disregarding those man-made laws which they consider to be inconsistent with the eternal laws of God, they accept with resignation the penalties provided by the former, and trust to the working of time and to the best in human nature to make good their position. If they are wrong, they alone suffer, and the estab-lished order of things continues. In the process, over 2,500 Indians, or nearly one-half of the resident Indian population, or one-fifth of the possible Indian population of the Transvaal, have suffered imprisonment, carrying with it terrible hardships. Some of them have gone to gaol again and again. Many families have been impoverished. Several merchants have accepted privation rather than surrender their manhood. Incidentally, the Hindu-Mahomedan problem has been solved in South Africa. We realise there that the one cannot do without the other. Mahomedans, Parsees and Hindus, or taking them provincially, Bengalees, Madrasees, Punjabis, Afghanistanees, and Bombayites, have fought shoulder to shoulder.
  I venture to suggest that a struggle such as this is worthy of occupying the best, if not, indeed, the exclusive attention of the Congress. If it be not impertinent, I would like to distinguish between this and the other items on the programme of the Congress. The opposition to the laws or the policy with which the other items deal does not involve any material suffering : the Congress activity consists in a mental attitude without corresponding action. In the Transvaal case, the law and the policy it enunciates being wrong, we disregard it, and there-fore consciously and deliberately suffer material and physical injury; action follows and corresponds to our mental attitude. If the view here submitted be correct, it will be allowed that, in asking for the best place in the Congress programme for the Transvaal question, I have not been un-reasonable. May I also suggest that, in pondering over and concentrating our attention upon passive resistance such as has been described above, we would perchance find out that for the many ills we suffer from in India passive resistance is an infallible panacea. It is worthy of careful study, and I am sure it will be found that it is the only weapon that is suited to the genius of our people and our land, which is the nursery of the most ancient religions and has very little to learn from modern civilization---civilization based on violence of the blackest type, largely a negation of the Divine in man, and which is rushing headlong to its own ruin.
Indian Opinion, 27-11-1909

2008年9月 9日 (火)

質問と回答その4 失業者

        失業者をどうするか
 4番目の質問は、「市民的抵抗をして収監され、解雇されて、失業中である者はどうしたらよいか」ということです。
 もし彼らに働く意思があり、誠実であれば、会議派の組織のどこかで雇ってもらうことができるのはまちがいありません。皆が、雇用先として会議派やその関連組織をあてにする必要もありません。労働者には雇われるだけの価値があります。だから、誠実で労働を厭わない者であれば、収監される前に何をしていた人であっても、ふさわしい場所を見つけられるといつでも期待していてよいのです。
......
ヤング・インディア 1931年3月26日

        WHAT OF THE UNEMPLOYED
  The fourth question was, what of the civil-resistance prisoners who are discharged and are out of employment?
  If they are willing to work and are honest they can, I doubt not, be employed in some Congress organization. Nor need everyone look to the Congress and the allied organizations to give them employment. A labourer is worthy of his hire. And those who are honest and do not mind labouring, no matter what they were previous to imprisonment, can always rely upon being suited.
......
Young India, 26-3-1931

質問と回答その3 階級闘争の回避

          階級闘争の回避は可能か
 私のところにある3番目の質問は、「労働者、農民、工員に利益を得させるとして、階級闘争を避けられるか」というものです。
  避けられます。人々が非暴力の方法に従ってくれさえすれば、それは間違いなくできることです。この1年間の出来事で政策としてさえも非暴力を採用することが可能であることが十分に示されました。行動の規範として人々が非暴力を採用すれば、階級闘争は不可能となります。そのような方向での実験がアーメダバードで試みられています。それは、非常に満足のいく結果をもたらし、その確実さが証明できる見込みは十分にあります。非暴力の方法を用いて我々は資本家を滅ぼそうとしているのではありません。我々が滅ぼそうとしているのは、資本主義です。労働者の財産の管理人なのだと自覚してくださいと、我々は資本家にお願いしています。資本を生み出し、保持し、増大させるために、資本家は労働者に頼っています。労働者は資本家が改心するのを待つ必要もありません。もし資本が力であるなら、労働もまた力です。破壊的にも創造的にもそれぞれの力を用いることができます。どちらも他方の力を必要としています。労働者が自分の強さに気付けば立ち所に、彼は資本家の奴隷であることを辞め、資本を共有できる立場にいます。もし労働者が単独オーナーになることを目指しているなら、彼は金の卵を産む鶏を殺そうとしているも同然です。
 知力の差、さらには機会の不平等というものは世の終わりまで残るでしょう。いつの時代でも川岸に住んでいる者の方が、乾燥した砂漠に住んでいる者よりも作物を育てる機会に恵まれています。しかし、もし欠くことのできない部分においても不平等が明白である場合には、見過ごしてはなりません。生きるのに必要なものを得る権利がすべての人に等しくあります。鳥や獣でさえも、それを享受しています。そして、権利にはすべてそれ相応の義務が伴い、また、その権利に攻撃が加えられた時に抵抗できるよう相応の救済策も認められています。ですから、基本的、根本的平等の正当性を主張するに見合う義務と救済策をみつければよいのです。相応の義務は四肢を用いた労働であり、相応の救済策は、私の労働の果実を私から奪おうとする者に対する不服従です。資本家と労働者はその根本のところでは平等であると気付くならば、気づかざるを得ないことですが、そうであるなら、資本家の滅亡を目標としてはなりません。資本家を改心させるために全精力を注ぐべきなのです。
 私が資本家に対して不服従の態度を取れば、資本家は自分がなしている過ちに目を開くことになるでしょう。私が不服従の態度を取ったがために、誰か他の者に職を奪われないだろうかと心配する必要もありません。と言いますのも私は、同僚たちが雇い主の間違った行いを手助けすることがないよう、彼らに影響を与えられると思っているからです。このように労働者集団を教育していくことは、確かにゆっくりとしか進まないでしょう。しかし、これが最も確実な方法なのですから、必然的に最も迅速なやり方となるのです。資本家を滅ぼせば、ゆくゆくは労働者も滅ぶことになるのは容易に示せることです。人間誰一人として救いようがないほどの悪人はいません。さらに、不当にもある者を悪の極みと決めつけ、その者を滅ぼす権限があるほど完璧な人も一人もいないのです。
ヤング・インディア 1931年3月26日

          CAN YOU AVOID CLASS WAR?
  The third question, I find, is, if you will benefit the workers, the peasant and the factory hand, can you avoid class war?
  I can, most decidedly, if only the people will follow the non-violent method. The past twelve months have abundantly shown the possibilities of non-violence adopted even as a policy. When the people adopt it as a principle of conduct, class war becomes an impossibility. The experiment in that direction is being tried in Ahmedabad. It has yielded most satisfactory results and there is every likelihood of its proving conclusive. By the non-violent method we seek not to destroy the capitalist, we seek to destroy capitalism. We invite the capitalist to regard himself as trustee for those on whom he depends for the making, the retention and the increase of his capital.  Nor need the worker wait for his conversion. If capital is power, so is work. Either power can be used destructively or creatively. Either is dependent on the other. Immediately the worker realizes his strength, he is in a position to become a co-sharer with the capitalist instead of remaining his slave. If he aims at becoming the sole owner, he will most likely be killing the hen that lays golden eggs.
  Inequalities in intelligence and even opportunity will last till the end of time. A man living on the banks of a river has any day more opportunity of growing crops than one living in an arid desert. But if inequalities stare us in the face the essential equality too is not to be missed. Every man has an equal right to the necessaries of life even as birds and beasts have. And since every right carries with it a corresponding duty and the corresponding remedy for resisting any attack upon it, it is merely a matter of finding out the corresponding duties and remedies to vindicate the elementary fundamental equality. The corresponding duty is to labour with my limbs and the corresponding remedy is to non-co-operate with him who deprives me of the fruit of my labour. And if I would recognize the fundamental equality, as I must, of the capitalist and the labourer, I must not aim at his destruction. I must strive for his conversion.
  My non-co-operation with him will open his eyes to the wrong he may be doing. Nor need I be afraid of someone else taking my place when I have non-co-operated.  For I expect to influence my co-workers so as not to help the wrongdoing of employer. This kind of education of the mass of workers is no doubt a slow process, but as it is also the surest, it is necessarily the quickest. It can be easily demonstrated that destruction of the capitalist must mean destruction in the end of the worker and as no human being is so bad as to be beyond redemption, no human being is so perfect as to warrant his destroying him whom he wrongly considers to be wholly evil.
Young India, 26-3-1931

質問と回答その2 外国製衣類の販売業者

          外国製衣類の販売業者
 別の質問は、「ピケが穏やかになったので、外国製衣類に対して新しい注文がなされるようになり、現在ある在庫の販売も活発になっている。これを防止するために、どうするつもりか」というものでした。
 我々のピケが、これまで強制も同然だったことが、この質問の前提になっています。もし、そうであるならば、何人たりとも、自分の意思に反する行動を強制されるよりも、行動の自由を回復する方が良いのです。私は確信しているのですが、もし労働者が、たゆまぬ宣伝行動を続けるならば、購入している民衆も改心してくれるでしょう。我々は販売業者にばかり目を向けてきて、購入している人々のことはほとんど無視してきました。この問題に関して民衆教育を持続していくことこそが、必要とされていることです。改心というのが、我々のモットーです。強制ではありません。強制は、暴力の所産です。改心は、非暴力と愛から生じる果実です。
ヤング・インディア 1931年3月26日

          FOREIGN-CLOTH DEALERS
  Another question asked was, now that picketing has become mild, new orders for foreign cloth are being given and the sales of existing stock are also brisk. What are you going to do to prevent this?
  This question presupposes that our picketing has hitherto amounted to coercion. If such was the case, it is better that freedom of action is restored than that any single person is coerced into acting against his will. My conviction is that if the workers will carry on sustained propaganda, the buying public will be converted. We have concentrated too much upon the dealers and too little on the buyers.  Sustained public education in this matter is what is wanted. Conversion is our motto, not coercion. Coercion is an offspring of violence.  Conversion is a fruit of non-violence and love.
Young India, 26-3-1931

質問と回答その1 辞職した学者

 「闘争期間中に学校を辞職した学者たちは、今は何をしたらよいでしょうか?」というのが、ボンベイの労働者の会合で尋ねられた質問の一つです。しかし、時間が足りなくて、答えることができませんでした。
 今ここで回答したいと思います。
1. 闘争はまだ終わっていません。異なった、つまり建設的な形態を取るようになったのです。
2. 学者らは、大酒飲みやアヘン吸飲者、外国製衣類を身につけている人たちの家庭や心に入りこむことができます。
3. 学者らは、平和的なピケ(スト破りの監視)に従事している女性たちを支援することができます。
4. 学者らは、村に腰を落ち着けて、そこで、カディー(手紡ぎ・手織り布)の仕事を組織することができます。
5. 学者らは、都市でカディーの行商をすることができます。
6. どの学者も、糸車あるいは紡錘車で、少なくとも1日に30分、毎日糸を紡がねばなりません。
ヤング・インディア 1931年3月26日

            WHAT SHOULD THEY DO?
  “What are those scholars who left their schools during the struggle to do now?” was one of the questions asked at the workers’meeting in Bombay, but which for want of time I was unable to answer.
  My answer now is :
1. The struggle is not yet over, it has assumed a different, i.e., constructive form.
2. Scholars can penetrate the homes and the hearts of the drunkard, the opium-eater and the user of foreign cloth.
3. Scholars can assist those sisters who are engaged in peaceful picketing.
4. Scholars can settle down in villages and there organize khadi work.
5. Scholars can hawk khadi in city.
6. All scholars should work at the wheel or the takli at least for half an hour daily.
Young India, 26-3-1931

2008年9月 6日 (土)

機械の正しい使い方

どういう場合に機械を使って、どういう場合には機械を使うことを避けねばならないかを判断できれば、そして、機械を使っているときでも理解しつつそれを行うならば、相当数の困難な問題が、解決するでしょう。例えば、怪我をした時には、傷口にヨーチン(劇薬)を塗ります。しかし、熱を出して寝ている時に、ヨーチンを飲んだりはしません。医者が劇薬を処方するのと同じくらい、我々は注意深く機械を使用しなければなりません。機械の動力によって、経済成長をおおいに進めることができます。しかし、少数の資本家が一般の人々の利害に関係なく機械の動力を活用してきました。そのために、今日の衰退した我々の状況があるのです。
本日、友人と話していまして、村の牛が引く荷車にゴムのタイヤをつけたらどうだろうかということが話題になりました。私は友人たちにこう語りました。「私には明白に思えるのだが、ゴムのタイヤによって村の人々の生活が楽になることはないでしょう」と。実はその逆で、必要なものが増えてしまい、他者に依存するようになってしまいます。そしてこれがまた、村人たちにとって、新たな搾取される手段となるのです。
マヌ・ガンジーとの対話  ニューデリー 1947年4月10日
 [原文、グジャラート語]  Biharni Komi Agman, p. 179

If we are able to judge when to use a machine and when to avoid it and if while using it we do so with understanding, quite a few of our difficulties will be solved. For instance, if we are hurt tincture iodine (poisonous medicine) is applied to the affected part. But if we are down with fever we do not take tincture iodine orally. We should be as careful in using machines as a doctor is in prescribing poisonous medicines. Machine-power can make a valuable contribution towards economic progress. But a few capitalists have employed machine-power regardless of the interests of the common man and that is why our condition has deteriorated today.
While talking with some friends today we discussed the idea of fitting rubber tyres in bullock-carts in our villages. I told them that to me it was clear that rubber tyres will not make things easy for the villagers; on the contrary they will increase their requirements and make them dependent on others. And this will become another means of their exploitation.
TALK WITH MANU GANDHI   BHANGI NIVAS, NEW DELHI,
April 10, 1947 [From Gujarati] Biharni Komi Agman, p. 179

2008年9月 5日 (金)

経済成長と道徳的成長

....
私の経験と試みてきたことをご紹介する前に、今晩の演題についてお互いに理解しておくことが最善かと思われます。「経済成長は真の成長と衝突しているか」というのが演題ですが、私が理解しているところでは、経済成長とは限度のない物質的な伸展です。そして、本物の成長とは、道徳的成長を意味し、これは、我々のうちに潜む永遠の要素が成長していくことと同義です。ですから、演題は次のように言い変えることもできます。「道徳的成長は物質の増大に正比例しないのか」と。......300万人ものインド人が1日に1食で暮らしているというウィリアム・ウィルソン・ハンター卿(訳注:スコットランドの統計学者; インド帝国の統計調査をして集約した)が指摘した具体的な実例に、人々はとりつかれているようです。道徳的な幸福について考えたり、語ったりする前に、日々の必要を満たしてあげなければならないと、人々は言います。このことをもって、彼らはこう言うのです。「物質的な増大が、道徳心の増大を意味する」と。そして、そこから急に飛躍をするのです。「300万人に当てはまることは、普遍的に適用できる」と。厄介な事例によってとんでもない法律が作られることを、人々は忘れています。このような推論が、どれほど滑稽でばかげたこととなろうかは、言うまでもないでしょう。じりじりと締め上げられるような貧困が道徳的廃頽以外の結果をもたらすと言った人は、いまだかつて1人もいません。すべての人に生きる権利があります。ですから、自分自身を食べさせ、必要な衣類を得て、住まうための手段を獲得する権利があります。しかし、この非常に単純なことをするのに、経済学者や彼らの作る法律の助けを借りる必要はないのです。
 「明日のことを思い悩むな」(注:聖書「マタイ6:34」)は、世界のほぼすべての宗教経典に共通する命令です。よく秩序の保たれた社会では、生計を確保することはこの世で最も容易なことでなければいけませんし、実際にそうなのです。本当のところ、ある国がきちんと整っているかどうかは、その国に大金持ちが何人いるかで決まるのではなく、大衆が飢えていないことが試金石です。考察しなければならない唯一の命題は、「物質的な伸展イコール道徳的成長であると、普遍的に適用できる法則として提示できるか」ということになります。
 さてここで、いくつかの例を挙げたいと思います。ローマは、物質的に大変豊かになったときに、道徳的頽廃に悩みました。エジプトも同様でした。おそらく歴史に記録が残るほとんどの国が同じだったでしょう。王族で神聖なるクリシュナ神の末裔も贅沢三昧をするようになって、堕落しました。ロックフェラーやカーネギーが通常程度の道徳性も持っていないとは言いませんが、我々は彼らのことを寛大に評価してあげています。彼らに最高水準の道徳性を期待することすらしていないのです。彼らにとって、物質的な利益は、必ずしも道徳的進歩を意味しません。南アフリカで、私は何千人もの同国の人々と非常に親しい間柄になるという特権に浴しましたが、ほぼ例外なく富を多く持つ人ほど、道徳的に堕落しているのが見て取れました。ごく控え目に言っても、金持ちの同国人は、貧しい人々ほどには受動的抵抗の道徳的闘争を前進させることをしませんでした。金持ちは、非常に貧しい人々ほどには自尊心を傷つけられてはいなかったのです。あえて危険を顧みなければ、さらに核心に近づいて、富を所有することが本物の成長を妨げてきたことを示せるだろうにと思います。近代の教科書の多くよりも世界の経典が、経済法則については、はるかに安全で、健全な書物であるとさえ私は思っています。
 今晩、自らに問いかけている課題は、目新しいものではありません。2000年前にイエス・キリストに対しても、同じ問いがなされました。・・・・・イエスは更に言葉を続けられた。「財産のある者が神の国に入るのは、なんと難しいことか。金持ちが神の国に入るよりも、らくだが針の穴を通る方がまだ易しい。」・・・「はっきり言っておく。私のためまた福音のために、家、兄弟、姉妹、母、父、子ども、畑を捨てた者は誰でも、今この世で、迫害も受けるが、家、兄弟、姉妹、母、子ども、畑も百倍受け、後の世では永遠の命を受ける。しかし、先にいる多くの者が後になり、後にいる多くの者が先になる」(注:聖書「マルコ10:24~25、29~31」)
 .....我々の前に提示された問いに対して、たしかにその通りであると証言する最も強力な事例は、世界の偉大なる師たちの生き様でしょう。イエス、マホメット、仏陀、ナーナク(シーク教の開祖)、カビール(ヒンドゥー思想とイスラム思想の合一をはかった。シーク教の先駆者)、シャンカラ(9 世紀のインドの哲学者)、ラーマクリシュナ(インドの宗教家; すべての宗教は唯一の究極的真理の異なる面を示すと唱えた)らは、幾千もの人々に計り知れない影響を及ぼし、彼らの人格形成に寄与しました。このような人々が生きてくれたおかげで、世界はより豊かになっているのです。そして、これらの人々はすべて、熟慮のすえ自らの運命として清貧を受け入れています。
 物を追い求める近代の熱狂が我々の目標になればなるほど、成長の道を転がり落ちてしまうのだと、私が信じていないならば、ここまで事細かに述べなくてもよかったでしょう。しかし、自分が述べてきたような経済成長は、本物の成長と対立するものであると私は考えるのです。だからこそ、古代の理想では、富を増大させる活動に制限を加えてきたのです。この理想によって、物に対する野望がすべて消滅してしまうわけではありません。いつの時代でもそうであったように、今でも、我々の中には、富を求めることを人生の目的にしている人がいます。しかし、それは理想を失うことであると、我々はいつも認識してきました。我々の中で最も多くの富を持つ人が、自らの意思で貧しい状態を保っていたならば、もっと高い精神状態に達していただろうと感じることがよくあるそうです。すばらしいことではありませんか。つまり、「神と富の両方に仕えることはできない」(聖書マタイ6;24)というのは、最も価値がある経済的真理です。私たちは選ばなければなりません。西洋の国々は今日、物質主義という化け物に踏みつけられてうめいています。道徳的な成長は止まってしまいました。西洋は、ポンド、シリング、ペニーで自分たちの成長を測っています。アメリカの富が標準になりました。他の国はアメリカに羨望の眼差しを向けます。「アメリカのやり方は避けながら、我々もアメリカの富を手にいれよう」と多くのインド人が言うのを耳にしてきました。そのようなことを試みれば、はじめから失敗するに決っていると、私はあえて申し上げます。
 我々は、「賢さと慎みを持ちながら、怒り狂うこと」(マクベス第2幕3)は同時にできません。道徳的に世界一になることを我々インド人に教えてくれるような指導者を持ちたいものです。我々のこの国は、かつて神々の住まいであったと言われています。製造所や工場の煙突から出る煙や騒音、線路を忙しく行き交う機関車で醜く変わり果てた土地では、神が住まうことを想像するのは不可能です。機関車は多くの客車をつないでおり、客車は人でいっぱいですが、大半の人は、いったい自分たちが何を追い求めているのかもわからないでいます。心が上の空であることが多く、箱詰めのイワシのようにすし詰めの不快さを味わい、全然知らない人たちに囲まれている状況に身を置いても、その人の気質が向上するわけではありません。人々は機会があれば、回りにいる人を追い払って自分の場所を確保したいと思っていて、同様に追い払われたりしているのです。私がこのようなことを述べましたのも、これらが、物質的な成長を象徴することであると考えられているからです。しかし、これらは、私たちの幸福をほんの少しも増やしてはくれません。
......
黄金よりも真理を、動力や富という見せ掛けの華やかさよりも恐れを克服した姿を、自己愛よりも博愛精神を示せれば、その時はじめて、我々のこの国は真に霊的な国となります。都会の家、宮殿、寺院から富に付随するものを拭い去り、それらの建物によって道徳性を示せるようになれば、どんな種類の敵の軍事力に対しても、重武装という重荷を負うことなく闘いに挑むことができます。神の国とその義をまず第一に求めようではありませんか。そうすれば、絶対に変わることのない約束として、すべてのものが加えて私たちに与えられるのです(参照:聖書「マタイ6:33」) 。これが本物の経済学です。私もあなた方も、これを大切にして、日常の生活でこれを固く守っていこうではありませんか。
.....
ミュアー大学経済協会でのスピーチ
          アラハバード  1916年12月22日
The Leader, 1916年12月25日

....
Before I take you to the field of my experiences and experiments, it is perhaps best to have a mutual understanding about the title of this evening's address: Does economic progress clash with real progress? By economic progress, I take it, we mean material advancement without limit and by real progress we mean moral progress, which again is the same thing as progress of the permanent element in us. The subject may therefore be stated thus: “Does not moral progress increase in the same proportion as material progress?”......They seem to be obsessed with the concrete case of thirty millions of India stated by the late Sir William Wilson Hunter to be living on one meal a day. They say that before we can think or talk of their moral welfare, we must satisfy their daily wants. With these, they say, material progress spells moral progress. And then is taken a sudden jump: what is true of thirty millions is true of the universe. They forget that hard cases make bad law. I need hardly say to you how ludicrously absurd this deduction would be.  No one has ever suggested that grinding pauperism can lead to anything else than moral degradation. Every human being has a right to live and therefore to find the wherewithal to feed himself and where necessary to clothe and house himself. But, for this very simple performance, we need no assistance from economists or their laws.
  “Take no thought for the morrow”(Matthew, 6: 34) is an injunction which finds an echo in almost all the religious scriptures of the world. In well-ordered society, the securing of one's livelihood should be and is found to be the easiest thing in the world. Indeed, the test of orderliness in a country is not the number of millionaires it owns, but the absence of starvation among its masses. The only statement that has to be examined is whether it can be laid down as a law of universal application that material advancement means moral progress.
  Now let us take a few illustrations. Rome suffered a moral fall when it attained high material affluence. So did Egypt and so perhaps most countries of which we have any historic record. The descendants, kinsmen of the royal and divine Krishna, too, fell when they were rolling in riches. We do not deny to the Rockefellers and the Carnegies possession of an ordinary measure of morality but we gladly judge them indulgently. I mean that we do not even expect them to satisfy the highest standard of morality. With them material gain has not necessarily meant moral gain. In South Africa, where I had the privilege of associating with thousands of our countrymen on most intimate terms, I observed almost invariably that the greater the possession of riches, the greater was their moral turpitude. Our rich men, to say the least, did not advance the moral struggle of passive resistance as did the poor. The rich men's sense of self-respect was not so much injured as that of the poorest. If I were not afraid of treading on dangerous ground, I would even come nearer home and show you that possession of riches has been a hindrance to real growth. I venture to think that the scriptures of the world are far safer and sounder treatises on laws of economics than many of the modern text-books.
  The question we are asking ourselves this evening is not a new one. It was addressed to Jesus two thousand years ago. .....Jesus answereth again and saith unto them; "how hard it is for them that trust in riches to enter into the kindgom of God. It is easier for a camel to go through the eye of a needle than for a rich man to enter into the kingdom of God!"..."Verily I say unto you there is no man that has left house or brethren or sisters, or father or mother, or wife or children or lands for my sake and the Gospels, but he shall receive one hundred fold, now in this time houses and brethren and sisters and mothers and children and lands with persecutions and in the world to come eternal life.  But many that are first shall be last and the last first."(Mark, 10:24-25, 29-31)
  .....Perhaps the strongest of all the testimonies in favour of the affirmative answer to the question before us are the lives of the greatest teachers of the world. Jesus, Mahomed, Buddha, Nanak, Kabir, Shankara, Ramakrishna were men who exercised an immense influence over and moulded the character of thousands of men. The world is the richer for their having lived in it. And they were all men who deliberately embraced poverty as their lot.
  I should not have laboured my point as I have done, if I did not believe that, in so far as we have made the modern materialistic craze our goal, in so far are we going downhill in the path of progress.  I hold that economic progress in the sense I have put it is antagonistic to real progress. Hence the ancient ideal has been the limitation of activities promoting wealth. This does not put an end to all material ambition. We should still have, as we have always had, in our midst people who make the pursuit of wealth their aim in life. But we have always recognised that it is a fall from the ideal. It is a beautiful thing to know that the wealthiest among us have often felt that to have remained voluntarily poor would have been a higher state for them.  That you cannot serve God and Mammon is an economic truth of the highest value. We have to make our choice. Western nations today are groaning under the heel of the monster-god of materialism. Their moral growth has become stunted. They measure their progress in £.s.d.  American wealth has become the standard. She [sic] is the envy of the other nations. I have heard many of our countrymen say that we will gain American wealth but avoid its methods. I venture to suggest that such an attempt if it were made is foredoomed to failure.
  We cannot be "wise, temperate and furious"(Macbeth, II, iii)in a moment.  I would have our leaders to teach us to be morally supreme in the world. This land of ours was once, we are told, the abode of the gods. It is not possible to conceive gods inhabiting a land which is made hideous by the smoke and the din of mill chimneys and factories and whose roadways are traversed by rushing engines dragging numerous cars crowded with men mostly who know not what they are after, who are often absent-minded, and whose tempers do not improve by being uncomfortably packed like sardines in boxes and finding themselves in the midst of utter strangers who would oust them if they could and whom they would in their turn oust similarly. I refer to these things because they are held to be symbolical of material progress. But they add not an atom to our happiness.
......
Ours will only then be a truly spiritual nation when we shall show more truth than gold, greater fearlessness than pomp of power and wealth, greater charity than love of self. If we will but clean town houses, our palaces and temples of the attributes of wealth and show in them the attributes of morality, we can offer battle to any combinations of hostile forces without having to carry the burden of a heavy militia. Let us seek first the kingdom of God and His righteousness and the irrevocable promise is that everything will be added with us. These are real economics. May you and I treasure them and enforce them in our daily life.
.....
SPEECH AT MUIR COLLEGE ECONOMIC SOCIETY,
          ALLAHABAD  December 22, 1916
The Leader, 25-12-1916

2008年9月 1日 (月)

悪の原因は工業主義にある

フランシス・G・ヒックマンとのインタビュー
        ボンベイ、1940年9月17日
...
ヒックマン:インドの人々に手紡ぎの布を使ってもらって、インドの工場では輸出用の布や糸をせっせと製造することにしてはいかがでしょうか。そうすれば、綿花栽培者を助けることにもなると思われませんか。
ガンジー:それでも構わないとは思いますが、インドの布を受け取る国が切実に求めているから供給するのでなければなりません。インドの利益のために、他の国々を搾取しようとは、少しも思いません。インド自身も、搾取という毒を持つ病気に苦しんでいます。我が祖国にそのような罪の加害者になってもらいたくありません。例えば、日本が自由な国としてインドの支援を求めるならば、そして、インドはこれこれの品物を安く生産できるのだから、それらを日本に輸出してくれないだろうかと要請するならば、我々は喜んでそれをするでしょう。しかし、私の計画では、陸軍や海軍の力を借りて、ある国が別の国に商品をダンピング輸出するようなことは、一切なくさねばならないのです。
ヒックマン:輸出商品を除いて、インドは何をアメリカに提供できるでしょうか。また、そのお返しとしてインドはアメリカに何を期待するでしょうか。
ガンジー:この質問を訂正しておかなければなりません。インドはどんな商品もアメリカに輸出していません。輸出しているのは原料だけです。このことは、祖国を愛する者ならみな、真剣に考えねばならない問題です。なぜなら、祖国が原料の輸出国にとどまっている事態を我慢できないからです。そのことは、手仕事、芸術それ自体が消滅することを意味しますし、これまでもそういうことを意味してきました。インドをあたかもアメリカの搾取のためにある国のごとく扱うことがないように、私はアメリカに希望します。そうではなくて、自由な国として扱ってもらいたいです。インドは武器を持ちませんが、だからこそインドによってこのように扱われたいとアメリカが望んでいるのと同じ扱いを、インドはアメリカに希望する資格があります。
ヒックマン:あなたは、イエスのメッセージを繰り返していらっしゃいますね。
ガンジー:その通りです。インドには専門的技術が不足しています。しかし、あなた方がイエスの教えを受け入れ、それに従うことに同意すればすぐに、アメリカがあらゆる技術を独占していることに私は文句を言う必要がなくなるでしょう。その場合、あなた方は次のように言うことになります。「専門技術が不足している姉妹国がある。私たちの技術で助けてあげよう。ただし、搾取するためでも、すごく高い料金を請求するためでもなく、その姉妹国の利益となるためにするのだ。だから、無料で提供してあげよう」と。では、あなたがたの国から派遣されている宣教師についても、一言申し上げさせてください。あなた方は彼らを無料でここに派遣しています。しかし、それも帝国主義の搾取の一部になっています。といいますのも、これらの宣教師は、私たちをアメリカ人のようにしたいと思っているからです。あなたがたの商品をもっと買うように、あなた方が持っているような自動車や贅沢品がないとやっていけないような人に、私たちをしたいと思っているのです。ですから、あなた方がインドに伝えているキリスト教は、本物ではありません。いわゆるクリスチャン人口を増やすことを目的としないで、学校、大学、病院を建てているのであれば、あなたがたの慈善事業も汚点がないでしょうに・・・
.....
ガンジー:ネルーは、工業化を求めています。社会主義化すれば、工業化しても資本主義の害悪に染まらないだろうと考えているからです。害悪は工業主義そのものに付随しているというのが、私自身の見解です。ですから、いくら社会主義を進めても、害悪を根絶することはできません。
....
ハリジャン 1940年9月29日

INTERVIEW TO FRANCIS G. HICKMAN
      BOMBAY,[September 17, 1940]
...
HICKMAN: Why not have Indian people use Indian hand-spun cloth and keep her mills busy for the export of manufactured cloth and yarn? Don't you think that this would help the cotton-grower?
Gandhi: I would not mind such a thing but it must be in order to supply the felt needs of the country which received our cloth. I have no idea of exploiting other countries for the benefit of India. We are suffering from the poisonous disease of exploitation ourselves, and I would not like my country to be guilty of any such thing. If Japan, say, as a free country wanted India's help, and said we could produce certain goods cheaper, and we might export them to Japan, we would gladly do so.  But under my scheme of things all dumping of goods by one country on another, supported by her army and her navy, has to cease.
HICKMAN: Apart from export of merchandise what has India to give America, and turn what does India expect from America?
Gandhi: I must correct your question for you.  India sends no merchandise to America; she sends only raw material, and that is a matter or serious consideration for every nationalist. For we cannot suffer our country remaining an exporter of raw produce, for it means (as it has meant) extinction of handicrafts and art itself. I would expect America to treat India not as though India was a country for American exploitation but as if India was a free country, although unarmed, and deserving, therefore, the same treatment that America would wish at the hands of India.
HICKMAN: You are repeating, Sir, the message of Jesus.
Gandhi: I agree. We are poor in technical skill, but as soon as you accept and consent to follow Jesus’s teaching, I would not have to complain of all the skill being monopolized by America. You will then say, ‘Here is a sister country poor in technical skill, let us offer our skilled assistance not for exploitation, not for a terrific price, but for its benefit, and so for nothing.’ And here let me say a word about your missionaries. You send them here for nothing, but that also is part of imperialist exploitation. For they would like to make us like you, better buyers of your goods, and unable to do without your cars and luxuries. So the Christianity that you send us is adulterated. If you established your schools, colleges and hospitals without the object of adding to the number of the so-called Christian population, your philanthropy would be untainted.
.....
Gandhi: Pandit Nehru wants industrialization because he thinks that, if it is socialized, it would be free from the evils of capitalism. My own view is that evils are inherent in industrialism, and no amount of socialization can eradicate them.
....
Harijan, 29-9-1940

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »