関連サイト

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 質問と回答その2 外国製衣類の販売業者 | トップページ | 質問と回答その4 失業者 »

2008年9月 9日 (火)

質問と回答その3 階級闘争の回避

          階級闘争の回避は可能か
 私のところにある3番目の質問は、「労働者、農民、工員に利益を得させるとして、階級闘争を避けられるか」というものです。
  避けられます。人々が非暴力の方法に従ってくれさえすれば、それは間違いなくできることです。この1年間の出来事で政策としてさえも非暴力を採用することが可能であることが十分に示されました。行動の規範として人々が非暴力を採用すれば、階級闘争は不可能となります。そのような方向での実験がアーメダバードで試みられています。それは、非常に満足のいく結果をもたらし、その確実さが証明できる見込みは十分にあります。非暴力の方法を用いて我々は資本家を滅ぼそうとしているのではありません。我々が滅ぼそうとしているのは、資本主義です。労働者の財産の管理人なのだと自覚してくださいと、我々は資本家にお願いしています。資本を生み出し、保持し、増大させるために、資本家は労働者に頼っています。労働者は資本家が改心するのを待つ必要もありません。もし資本が力であるなら、労働もまた力です。破壊的にも創造的にもそれぞれの力を用いることができます。どちらも他方の力を必要としています。労働者が自分の強さに気付けば立ち所に、彼は資本家の奴隷であることを辞め、資本を共有できる立場にいます。もし労働者が単独オーナーになることを目指しているなら、彼は金の卵を産む鶏を殺そうとしているも同然です。
 知力の差、さらには機会の不平等というものは世の終わりまで残るでしょう。いつの時代でも川岸に住んでいる者の方が、乾燥した砂漠に住んでいる者よりも作物を育てる機会に恵まれています。しかし、もし欠くことのできない部分においても不平等が明白である場合には、見過ごしてはなりません。生きるのに必要なものを得る権利がすべての人に等しくあります。鳥や獣でさえも、それを享受しています。そして、権利にはすべてそれ相応の義務が伴い、また、その権利に攻撃が加えられた時に抵抗できるよう相応の救済策も認められています。ですから、基本的、根本的平等の正当性を主張するに見合う義務と救済策をみつければよいのです。相応の義務は四肢を用いた労働であり、相応の救済策は、私の労働の果実を私から奪おうとする者に対する不服従です。資本家と労働者はその根本のところでは平等であると気付くならば、気づかざるを得ないことですが、そうであるなら、資本家の滅亡を目標としてはなりません。資本家を改心させるために全精力を注ぐべきなのです。
 私が資本家に対して不服従の態度を取れば、資本家は自分がなしている過ちに目を開くことになるでしょう。私が不服従の態度を取ったがために、誰か他の者に職を奪われないだろうかと心配する必要もありません。と言いますのも私は、同僚たちが雇い主の間違った行いを手助けすることがないよう、彼らに影響を与えられると思っているからです。このように労働者集団を教育していくことは、確かにゆっくりとしか進まないでしょう。しかし、これが最も確実な方法なのですから、必然的に最も迅速なやり方となるのです。資本家を滅ぼせば、ゆくゆくは労働者も滅ぶことになるのは容易に示せることです。人間誰一人として救いようがないほどの悪人はいません。さらに、不当にもある者を悪の極みと決めつけ、その者を滅ぼす権限があるほど完璧な人も一人もいないのです。
ヤング・インディア 1931年3月26日

          CAN YOU AVOID CLASS WAR?
  The third question, I find, is, if you will benefit the workers, the peasant and the factory hand, can you avoid class war?
  I can, most decidedly, if only the people will follow the non-violent method. The past twelve months have abundantly shown the possibilities of non-violence adopted even as a policy. When the people adopt it as a principle of conduct, class war becomes an impossibility. The experiment in that direction is being tried in Ahmedabad. It has yielded most satisfactory results and there is every likelihood of its proving conclusive. By the non-violent method we seek not to destroy the capitalist, we seek to destroy capitalism. We invite the capitalist to regard himself as trustee for those on whom he depends for the making, the retention and the increase of his capital.  Nor need the worker wait for his conversion. If capital is power, so is work. Either power can be used destructively or creatively. Either is dependent on the other. Immediately the worker realizes his strength, he is in a position to become a co-sharer with the capitalist instead of remaining his slave. If he aims at becoming the sole owner, he will most likely be killing the hen that lays golden eggs.
  Inequalities in intelligence and even opportunity will last till the end of time. A man living on the banks of a river has any day more opportunity of growing crops than one living in an arid desert. But if inequalities stare us in the face the essential equality too is not to be missed. Every man has an equal right to the necessaries of life even as birds and beasts have. And since every right carries with it a corresponding duty and the corresponding remedy for resisting any attack upon it, it is merely a matter of finding out the corresponding duties and remedies to vindicate the elementary fundamental equality. The corresponding duty is to labour with my limbs and the corresponding remedy is to non-co-operate with him who deprives me of the fruit of my labour. And if I would recognize the fundamental equality, as I must, of the capitalist and the labourer, I must not aim at his destruction. I must strive for his conversion.
  My non-co-operation with him will open his eyes to the wrong he may be doing. Nor need I be afraid of someone else taking my place when I have non-co-operated.  For I expect to influence my co-workers so as not to help the wrongdoing of employer. This kind of education of the mass of workers is no doubt a slow process, but as it is also the surest, it is necessarily the quickest. It can be easily demonstrated that destruction of the capitalist must mean destruction in the end of the worker and as no human being is so bad as to be beyond redemption, no human being is so perfect as to warrant his destroying him whom he wrongly considers to be wholly evil.
Young India, 26-3-1931

« 質問と回答その2 外国製衣類の販売業者 | トップページ | 質問と回答その4 失業者 »

非暴力」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/520888/42425359

この記事へのトラックバック一覧です: 質問と回答その3 階級闘争の回避:

« 質問と回答その2 外国製衣類の販売業者 | トップページ | 質問と回答その4 失業者 »