関連サイト

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 愛国心について | トップページ | 沈黙の奉仕 »

2008年8月10日 (日)

暴力革命について

現在ヨ-ロッパとアメリカで私が注目されているのは喜ばしいことであるとともに、不運なことでもあります。私の主張が西洋で研究され、理解されていくことは私にとってありがたいことです。しかし、私の言うことが無意識のうちに誇張されたり、意図的に歪められたりしているのは不運です。真実というものはすべてひとりでに事を行い、それ自身に強さを秘めていますので、私は、自分が大いに誤って受け取られているのを見ても気にかけずにいました。
・・・
 私の道ははっきりしています。私を暴力的な目的のために用いようとする試みはすべて失敗する運命にあります。私のやり方に秘密はないのです。真実以外の外交というものを私は知りません。私には非暴力以外の武器はありません。・・・・以前にも一度ならずとして、私を不正に用いようとする試みがなされてきました。私の知る限り、そのような試みはことごとく失敗しています。
 いったいボルシェヴィズムが何であるのか私にはいまだによくわかりません。私はそれを研究できていません。長い目で見てそれがロシアに良いことかもわからないのです。しかし、暴力に基づき、神の否定に基づいている限り、それは私とは相容れません。私は成功への暴力を用いた近道があると信じていません。私に関心を寄せてくださったボルシェヴィキ(過激な革命主義者)の友人には気づいて欲しいのですが、その立派な動機に私がどのくらい同情し、称賛を寄せたとしても、私は暴力的やり方には断固反対なのです。最も崇高な理想に捧げるためであったとしても暴力には反対です。ですから、暴力の一派と私との間には会合を持つ本当の意味での理由は何ら存在しません。しかし、私は非暴力の信条ゆえに、無政府主義者やその他暴力を信じるすべての人との付き合いを避けることをしないばかりか、むしろそのような付き合いすら自ら求めています。しかし、その付き合いはいつも、彼らの間違った行い(私にはそう思えるのですが)を辞めさせていくことを唯一の目的にしています。経験から私は確信していますが、持続していく良いことというものは、真実でないことや暴力から生じることは決してありません。

「わが道」ヤング・インディア 1924年12月11日


It is my good fortune and misfortune to receive attention in Europe and America at the present moment.  It is my good fortune in that my message is being studied and understood in the West.  It is my misfortune in that it is also being either unconsciously exaggerated or willfully distorted.  Every truth is self-acting and possesses inherent strength.  I therefore remain unperturbed even when I find myself grossly misrepresented.・・・・・
・・・・・
     My path is clear.  Any attempt to use me for violent purposes is bound to fail.  I have no secret methods.  I know no diplomacy save that of truth.  I have no weapon but nonviolence.・・・Attempts have been made before now to use me unlawfully more than once.  They have failed each time so far as I am aware.
     I am yet ignorant of what exactly Bolshevism is.  I have not been able to study it.  I do not know whether it is for the good of Russia in the long run.  But I do know that in so far as it is based on violence and denial of God, it repels me.  I do not believe in short-violent-cuts to success.  Those Bolshevik friends who are bestowing their attention on me should realize that however much I may sympathize with and admire worthy motives, I am an uncompromising opponent of violent methods even to serve the noblest of causes.  There is, therefore, really no meeting ground between the school of violence and myself.  But my creed of non-violence not only does not preclude me but compels me even to associate with anarchists and all those who believe in violence.  But that association is always with the sole object of weaning them from what appears to me to be their error.  For experience convinces me that permanent good can never be the outcome of untruth and violence.・・・

‘My Path'  Young India, 11 Dec. 1924

« 愛国心について | トップページ | 沈黙の奉仕 »

非暴力」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 愛国心について | トップページ | 沈黙の奉仕 »