関連サイト

2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 非暴力の精神 その2 | トップページ | 権力は目的ではない »

2008年8月22日 (金)

非暴力の精神 その3

 憎しみが何らかの形で残っている限り、平和を確立することも、平和的な手段で自由を得ることも不可能です。我々が英国人を憎んでいれば、我々が互いに愛しあうことはできません。英国人を憎みながら日本人を愛することはできません。私たちは愛の法則に徹頭徹尾身を委ねるか、それを全く無視するかのどちらかしかないのです。他者に対する憎しみに基づいた我々の結束、愛は、些細な圧力で壊されます。実のところ、そのような愛は本物ではないのです。武器を持った平和でしかありません。西洋で戦争に反対する大きな運動が起こっていますが、これも武器を持った平和でしょう。人々の意識が十分に良心的になり、人生のあらゆる場面において愛の法則が疑いの余地なく最高の法則だと実感するようになって初めて、戦争は止まるのです。そのようなことは起こりえないという人もいます。これは実現可能なことだと、私は確信しています。この世での生を終えるそのときまでその確信は揺らがないでしょう。

  So long as the spirit of hate persists in some shape or other, it is impossible to establish peace or to gain our freedom by peaceful effort.  We cannot love one another, if we hate Englishmen.  We cannot love the Japanese and hate Englishmen.  We must either let the Law of love rule us through and through or not at all.  Love among ourselves based on hatred of others breaks down under the slightest pressure.  The fact is such love is never real love.  It is an armed peace.  And so it will be in this great movement in the West against war.  War will only be stopped when the conscience of mankind has become sufficiently elevated to recognize the undisputed supremacy of the Law of Love in all the walks of life.  Some say this will never come to pass.  I shall retain the faith till the end of my earthly existence that it shall come to pass.

The Hindu, 8 Nov. 1926

« 非暴力の精神 その2 | トップページ | 権力は目的ではない »

非暴力」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 非暴力の精神 その2 | トップページ | 権力は目的ではない »