関連サイト

2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 沈黙の奉仕 | トップページ | 理想を掲げて »

2008年8月12日 (火)

戦争は人を野獣にする

 戦争は、野蛮な力を美化しますが、本質的に退廃をもたらすものです。戦争の訓練を受けると人は堕落します。本来は優しい人柄だった人が、野獣のようになってしまうのです。あらゆる麗しい道徳的規範を打ち砕くのです。その栄光の道は、情欲で汚され、殺戮の血潮で真っ赤に染まっています。これは、我々の目標に到達する道筋ではありません。我々の目的である強く、純粋で、美しい人格を養う上で、最も大いなる助けとなることは、苦難に耐えることです。克己心、無私無欲、忍耐、優しさ、これらはすべて、苦難を他者に強いることは拒みつつ、自ら苦難を受容する人たちの足下に咲き出る花です。
ロンドン、エマーソンクラブでのスピーチ
インディアン・オピニオン 1910年2月12日

 War with all its glorification of brute force is essentially a degrading thing.  It demoralizes those who are trained for it.  It brutalizes men of naturally gentle character.  It outrages every beautiful canon of morality.  Its path of glory is foul with the passion of lust, and red with the blood of murder.  This is not the pathway to our goal.  The grandest aid to development of strong, pure, beautiful character which is our aim, is the endurance of suffering.  Self-restraint, unselfishness, patience, gentleness, these are flowers which spring beneath the feet of those who accept, but refuse to impose, suffering.
Speech at the Emerson Club, London
Indian Opinion, 12 Feb. 1910

« 沈黙の奉仕 | トップページ | 理想を掲げて »

平和」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 沈黙の奉仕 | トップページ | 理想を掲げて »