関連サイト

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 非暴力の精神 その3 | トップページ | ヒトラー主義とどう戦うか »

2008年8月24日 (日)

権力は目的ではない

質問私がどうしようもなく不安に思った文章は、次の文で終わる一連の文章です。「我々は政治権力がなくても、現状の権力に直接作用する働きかけを行うことで、目的を達成することができる」私が疑問に思っていることをもっとはっきりさせるために以下の文も記事から引用しておきます。「直接行動の1つの形態は成人選挙権であり、2番目のもっと有力な形態はサテャーグラハ(真理を宣言し、固執するという意味。非暴力の運動をこう名づけた)である。容易に示せることだが、必要なものが何であろうと、政治権力によって得られるものなら何でも、それらはサテャーグラハによって、おそらくもっと素早く、そしてもっと確実に得られる」思いきって言わせていただけるならば、会議派が欲しているものは何よりも政治権力であるという印象を私はいつももってきました。そして今でもそう思います。具体例をあげるならば、何かを禁止したければ、平穏にピケを張る(スト破りの監視)よりも、国家の措置によってもっと簡単に行うことができます。カダ-ル織り(手紡ぎ・手織り)、スワデシ(国産)の布も平穏なピケよりも、国家決議によってもっとよく、もっと素早く広めることができます。基本的権利に関するカラチ決議に織り込まれた必要な改革は、スワラージ(自治)政権によってのみ強制することができます。
 いずれにしても、どうして国民が今、全精力を政治権力を得ることに集中してはいけないのか私にはわかりません。
 私には、政治権力こそ本質であって、その他の改革はすべて後回しにでき、むしろ後回しにすべきことに思えます。

ガンジーの回答:私にとって政治権力は目的ではなく、生活のあらゆる分野において人々の状態を改善するための一手段に過ぎない。政治権力とは、国の代表を通じて国民生活を規制していく力のことである。もし、国民の生活が自らを律していけるほど完璧なものとなれば、代表は必要なくなる。その時に啓発された無政府状態が出現する。そのような状態の下では、すべての人は、自分自身がその支配者となる。人は、隣人の妨げとは決してならない方法で自分自身を律するようになる。その理想状態では、それ故政治権力というものは存在しない。なぜなら国家が存在しないからだ。しかし理想というものが、この世で完全に実現されることは決してない。そこで、ソローの古典的な主張となるわけである。最小限の統治しかしない政府が最も良い政府である。
 もし仮に私が政治権力を欲しがっているとして、それは会議派が主張する改革を成すためである。であるから、その権力を得るためにエネルギーを費やしたがために、改革のために必要とされるエネルギ-の大半を失うことになるならば、もしこの国がイスラム教徒、シーク教徒との争いを続けるならばこの脅威が現実となるであろうが、その場合、私はイスラム教徒とシーク教徒にすべての権力を渡すことを何の迷いもなくこの国に勧めるであろう、そして私は改革を進めていくことを続行するのである。
 過去12年間の会議派の活動を振り返れば、会議派が政治権力を獲得する力量は、建設的努力において成功を達成する能力に正比例して増大していることがわかる。私にはこれこそが政治権力の実体である。政府機構を実際に引き継ぐというのは、影に、象徴に過ぎない。何もしていないのに、人々がそれに値する努力を払ってもいないのに、外からの贈り物として政府機構が譲渡されるならば、容易に重荷となるであろう。
 ここまで述べれば、必要なものは「政治権力よりもサテャーグラハによってもっと素早く、そしてもっと確実に得られる」であろうとする私の主張に真理があることを容易に理解していただけるのではないかと思う。世論が煮詰まらないうちに立法化することは、しばしば何の役にも立たないことが証明されている。大半のものが盗人である国で、窃盗を法律で禁じても何の効果もないであろう。ピケをはったり、その他の大衆を巻き込んだ行動が、それ故本物なのである。もし、政治権力がこれらの改革とは別個に存在するものであるならば、我々は改革を中断して権力獲得に集中すべきであろう。しかし我々は逆のコ-スをたどってきた。スワラ-ジ(自治)を獲得する手段として建設的な行動の続行が必要であると、至る所で強調してきた。飲酒、麻薬、外国製の布を禁止する法律が制定される時はいつでも、世論がそれを要求したから制定されたのだと確信している。今や世論の要求にもかかわらず、外国の政権が応えてくれないと言える状況かもしれない。だがこれは部分的にしか正しくない。この国の世論は、今やっと強大な力になり、本物の措置であるサテャーグラハへと発展していっているところだ。

ヤング・インディア、1931年7月2日

Question:  The sentence which causes me grave anxiety is that which ends as follows: 'We can gain our end without political power and by directly acting upon the powers that be.'  I would add the following sentences also from your article in order to make my doubts clear to you.  'One form of direct action is adult suffrage.  The second and more potent form is satyagraha.  It can easily be shown that whatever needful and can be gained by political power can perhaps be more quickly and more certainly gained by satyagraha.'  I venture to join issue with you. I was always and am today under the impression that what the Congress wants is political power more than anything else.  And, concretely speaking, prohibition can be more easily brought about by State action than by peaceful picketing.  Khaddar, and swadeshi cloth can be spread better and more quickly by State action than by peaceful picketing, and the necessary reforms embodied in the Karachi resolution of Fundamental Rights can be enforced only by a swaraj Government.
  In any case, I do not see why the nation should not concentrate all its energies today, upon the gaining of political power.
  To me, political power is the substance, and all other reforms can and ought to wait....


Gandhi:  To me political power is not an end but one of the means of enabling people to better their condition in every department of life.  Political power means capacity to regulate national life through national representatives.  If national life becomes so perfect as to become self-regulated, no representation is necessary.  There is then a state of enlightened anarchy.  In such a state everyone is his own ruler.  He rules himself in such a manner that he is never a hindrance to his neighbour.  In the ideal state therefore there is no political power because there is no State.  But the ideal is never fully realized in life.  Hence the classical statement of Thoreau that that Government is best which governs the least.
  If then I want political power, it is for the sake of the reforms for which the Congress stands.  Therefore when the energy to be spent in gaining that power means so much loss of energy required for the reforms, as threatens to be the case if the country is to engage in a duel with the Mussalmans or Sikhs, I would most decidedly advise the country to let the Mussalmans and Sikhs take all the power and I would go on with developing the reforms.
  If we were to analyse the activities of the Congress during the past twelve year, we would discover that the capacity of the Congress to take political power has increased in exact proportion to its ability to achieve success in the constructive effort.  That is to me the substance of political power.  Actual taking over of the Government machinery is but a shadow, an emblem.  And it could easily be a burden if it came as a gift from without, the people having made no effort to deserve it.
  It is now perhaps easy to realize the truth of my statement that the needful can be 'gained more quickly and more certainly by satyagraha than by political power'.  Legislation in advance of public opinion has often been demonstrated to be futile.  Legal prohibition of theft in a country in which the vast majority are thieves would be futile.  Picketing and the other popular activities are therefore the real thing.  If political power was a thing apart from these reforms, we would have to suspend latter and concentrate on the former.  But we have followed the contrary course.  We have everywhere emphasized the necessity of carrying on the constructive activities as being the means of attaining swaraj.  I am convinced that whenever legal prohibition of drinks, drugs and foreign cloth comes, it will come because public opinion had demanded it.  It may be said that public opinion demands it today but the foreign Government does not respond.  This is only partly right.  Public opinion in this country is only now becoming a vital force and developing the real sanction which is satyagraha.

Young India, 2 July 1931

« 非暴力の精神 その3 | トップページ | ヒトラー主義とどう戦うか »

建設的仕事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 非暴力の精神 その3 | トップページ | ヒトラー主義とどう戦うか »